ほっぺふき子の感性を磨く日本酒講座Cooking/Drink

ほっぺふき子の感性を磨く日本酒講座
料理・酒 交流会

小説家と学ぶ声に出して読みたい利酒体験

日本酒は感性を刺激する!をコンセプトに日本酒の可能性を追求する実験的講座です。今回は小説家の寒竹泉美さんをお招きして、日本酒と言葉の美味しい関係を探っていきます。三百種類以上の成分で構成される日本酒の複雑な味わいを小説家が表現する時、そこにはどんな世界が現れるのでしょう。読み手は描写から元の日本酒へ辿り着く事はできるのでしょうか。表現描写のコツも教わります。

日本酒を飲んで言葉にしたいと心が叫びたがってるんだ

【講師】
ほっぺふき子、寒竹泉美
2017年10月16日(月)
19:00〜21:00
定員12名
3,000円
日本酒好きの皆さんこんにちは。
日本酒の変態 ほっぺふき子 です。

以前はフィギュアの造形師・ペインターでしたが、日本酒に出会って感銘を受けて以来、
あらゆるアプローチで日本酒の美しさを表現する美術作家となりました。
今は日本酒愛が行き過ぎて、大手日本酒メーカーさんのモデルを務めたり、
日本酒の原料である酒米でアクセサリーを作ってみたり、ちょっと偏執的な方向から日本酒とお付き合いさせて頂いています。
詳しくはプロフィールをご覧下さい。

さて、「ほっぺふき子の感性を磨く日本酒講座」はそんな私が“日本酒は感性を刺激する!”
をコンセプトに日本酒の可能性を追求する実験的講座です。

日本酒は数百種類以上の成分で構成され、その味わいの複雑さは世界の飲料の中でも他に類を見ません。

また、アルコールは人間の理性を司る大脳新皮質の活動を穏やかにしてくれます。
それによって、押さえつけられていた感情や衝動が解放されて精神が高揚します。
日本酒を飲むというのは、人間を理性から解き放った状態で脳へ数百種以上の刺激を与えるという行為なのです。

ところで皆さん、美味しい日本酒を飲んだ時にどんな感想を述べられますか。
おっと、「おいしい」「甘い」「フルーティ」「辛口」「スッキリ」は禁止とします。…いかがですか?
日本酒がせっかく感性を刺激してくれても、それを表現する手段を持っていなければ体験は一夜の夢で終わります。

良いお酒を飲んだ翌日、「美味しかった」という記憶以外思い出せない、
お気に入りの銘柄について「どんな味?」と聞かれた時に言葉が出てこない、そんな経験はないでしょうか。
私はそんな日々の繰り返しです!

それが残念で、もっと日本酒の味わいについて学ぼうと唎酒師の資格をとったのですが、
この資格取得から学べたのは日本酒の「官能評価」の仕方でした。
つまり「味わいを正しく捉えて、適切に記録する」方法です。
これには利点もたくさんあるのですが、どうしても飲み方が正解探しのような窮屈なスタイルになってしまいます。
自分や他者の記録を読んだからといってなかなか「美味しそう!それ飲んでみたい!」と思えるものでもありません。

それに、日本酒談義の際にウンチクを語り合うのもそれはそれで楽しいものですが、
やっぱりワクワクするのはそこでしか聞けない話。ネットや雑誌には載っていない、その人の内側にしかないその人ならではの日本酒コメントです。
ユニークな喩えやその人の意外な感性が垣間見えたとき…うっかり惚れそうになります(笑)。

 日本酒という豊かな飲み物なのだから、その楽しみ方も表現する言葉ももっと豊かであってほしい。
「おいしー」で済ませず、正解探しでもなく、単なる情報の受け売りでもない、自分の内面をチラ見せし合う日本酒会がしたい。

そんな私の理想を実現するために、今回は副題を「小説家と学ぶ声に出して読みたい唎酒体験」として、
言葉のプロである小説家を助っ人に呼びました。関西を中心に幅広く活躍する小説家 寒竹泉美先生です(詳しくはプロフィール参照)。

 「その人ならではのコメントってどういうもの?良いものなの?」

「内面を言葉にするって具体的にどうすれば?」

「表現にも善し悪しはあるの?それは正解探しとどう違うの?」

といった皆さんの中に、そして私の中に渦巻く数々の疑問を、寒竹先生と一緒に探っていきましょう。
きっとより一層豊かな日本酒体験が待ち受けているはずです。

小説家が日本酒の味わいを表現する時、そこにはどんな世界が現れるのか…感性を大切にする唎酒師と小説家が、日本酒の世界を広げます。

RECOMMENDOBPアカデミアを120%活用しよう!