室町時代の新喜劇 狂言を観にいきませんか?【第19回】~プロジェクトにっぽん丸~traditional

室町時代の新喜劇 狂言を観にいきませんか?【第19回】~プロジェクトにっぽん丸~
日本の伝統文化 交流会

室町時代の新喜劇 狂言を観にいきませんか?【第19回】~プロジェクトにっぽん丸~

一部の趣味人の楽しみのように思われがちな能楽の一つ、 狂言ですが、起こりは室町時代の民衆芸能です。

【講師】
素人狂言師 山本 研介
2018年2月17日(土)
10:00~12:00
10名
3,000円
ちょっとわかりにくい言葉もぼちぼち挟まっておりますが、
ほとんどのスジは現代の頭で理解できる台詞でできています。

謡(うたい)や舞(まい)で構成されている能とは趣が違って、
会話で話がすすむ台詞劇。
舞台装置は最小限で演者と観客の想像力でもって作りだす、
楽しいお芝居なのです

伝統芸能は敷居が高いなんて思わずに一度足を運んでみませんか。
当時の人には大道芸や新喜劇を観るような感覚だったのではと思うのです。

<セミナー詳細>

・狂言とはどんなもの
・どうして狂言にはまったの
・狂言観劇のいろは
・いまこそ狂言を観てほしいわけ

<受講後の効果>

・狂言の面白さが解ります
・昔の庶民の笑いに触れられます
・心がほっこり緩みます

■主催:プロジェクトにっぽん丸
■協賛:OBPアカデミア

※本イベントのお申し込みは、下記の主催者宛にお申し込みください。
https://ws.formzu.net/fgen/S45974386/

RECOMMENDOBPアカデミアを120%活用しよう!