PLY OSAKA×OBPアカデミア×JAE協働企画 【はじめてのワークショップ〜対話の場づくり〜】Communication

PLY OSAKA×OBPアカデミア×JAE協働企画 【はじめてのワークショップ〜対話の場づくり〜】
コミュニケーション 能力開発

対話の場づくり「ワークショップ」の裏にある工夫や考え方に触れ、今後のあらゆる場づくりの幅を広げます。

PLY OSAKA×OBPアカデミア×JAE協働企画 【はじめてのワークショップ〜対話の場づくり〜】

実り多いワークショップの裏には様々な準備や仕掛けがあります。ワークショップはどんな時に効果的なのか?実施するにはどうしたらいいのか? 基本となる考えをもとに「ワークショップとは?」という問いについて、皆で交流しながら考えます。

【講師】
塩見 優子
2020年4月13日(月)、27日(月)
19:00 ~21:00
10名
4,000円
問いや現象、複雑な課題に対して、

「普段の話し合いの場をもっと活用出来たら…」
「いろんな人と共に悩み解決策を得られたら…」
「チームとしての強みを生かしながら楽しく向き合えたら…」

と思ったことはありませんか?
今の時代、様々な人と密接に関わりながら生きているからこそ、1人ではなく複数人で課題に取り組むことが増えてきました。
そこで今回は、課題に取り組むための1つの手段である「ワークショップ」を構築するための講座を開催します。

いろんな思考、価値観が混ざるからこそ、対話が生まれ、新しい価値を生むことができる、”ワークショップ”。
実は、目的や活用する現場が違えば、進め方(=プロセス)が変わってきます。

”ワークショップ”そのものを知り、活用するヒントをお届けする本講座。
第一部(4月13日)と第二部(4月27日)の開催を通じ、基本的な考え方から、様々な現場の事例紹介を通して、改めてワークショップとは?ということについて、深堀りできる機会にしたいと思っています。

【プログラム内容】※開催日によって会場が変わります。

■4月13日(月)@PLY OSAKA
第一部:そもそもワークショップ って?どういう時に活用できる?
そして設計する時のポイントは?
※交流しながら進めてまいります

①自己紹介(講師及び参加者)

②Why ワークショップ?
・ワークショップとは?
・効果的な時、メリットとは?

③設計ポイント
・ゴールを描く
・ストーリーを描く
・ねらいを定める

④ワークショップの種類やスタンス

⑤全体交流

⑥質疑応答:「こんなケースがあったよ」具体的な事例を交えながらワークショップやファシリテーションについて深める

 
【申し込みURL】

-------------------------------

■4月27日(月)@OBPアカデミア
第二部:設計したものを形にするためのポイントや、当日の過ごし方(ファシリテーション)
※交流しながら進めてまいります
※13日の内容を経てプログラム内容は変動いたします。

①自己紹介

②当日の過ごし方
・ゴールを描く、更新
・ワークショップを回すとは
・握るポイント

③当日のポイント

④質疑応答


【こんな方におすすめ】
・ワークショップに挑戦したい方
・ワークショップに興味がある方
・ワークショップに対する理解を深めたい方

※4月13日、27日はそれぞれにお申し込みが必要です。

※1部のみを受けたい方は「PLY OSAKA」のサイトから、

2部のみ、および両方受けたい方は、こちらこらお申し込みくださいませ。

--------------------------------------
【申込終了と表示される場合】
申込期限が終了しているか、満席かのいずれかとなります。
本サイトからのお申込みは原則、開催日前日の23時59分までとなります。
空席がある場合は当日受付可能ですので、下記にお電話にてお問合せ下さい。
※満席の場合もキャンセル待ちを申し受けられます。お気軽にお電話ください。
問い合わせ:06-6360-9555

RECOMMENDOBPアカデミアを120%活用しよう!