「顧客価値」共創会〜自社の強みを活かし共感を得るための“マーケティング”術〜【入門編】business

「顧客価値」共創会〜自社の強みを活かし共感を得るための“マーケティング”術〜【入門編】
ビジネス 経営・マネジメント

商品を選ぶ際の「真の理由」とは?

「顧客価値」共創会〜自社の強みを活かし共感を得るための“マーケティング”術〜【入門編】

商品やサービスを選ぶ理由として、「機能」を挙げる方が多いですが、機能を求める背景に「真の理由」が存在します。貴社の「強み」を活用し、真の理由の解決策する『価値提供ストーリー』を創り共感を得るマーケティング計画の立案方法をお伝えします。

【講師】
桃谷 修司
2020年5月22日(金)
19:00~21:00
20名
5,500円
機能に加えて「それで、私が○○になれる、○○できる」という『価値』を訴求し、共感を得ることを目指すブランドが増えています。

この講座では、それらの具体的事例を交えながら、「顧客価値提供ストーリー」とその作り方」、それを中核とするマーケティング計画作成の基本をお伝えします。

【内容】
1.機能訴求から価値訴求へ
(1)お客様は何にお金を払ってくださるのか?
(2)最近の顧客価値訴求事例
(3)本日のゴール「顧客価値提供ストーリー」の紹介

2.自社・担当商品の「そもそも」
(1)したいこと、できること、期待されること
(2)現時点の強みとそれを生み出した真の強み
(3)目標は明確ですか?

3.WHO(誰に)が9割
(1)クイズ「誰がターゲットでしょう?」
(2)WHOの設定
(3)ターゲット顧客を本人以上に理解する

4.WHAT(何を)は商品・サービスではなく便益 
(1)便益の構造 〜技術 → 機能 → 価値〜

5.「誰に」+「何を」=顧客価値提供ストーリー
(1)顧客価値提供ストーリー開発プロセス
(2)1つの製品から複数の商品を作る

5.HOWとは「顧客価値提供ストーリー」の具体策開発
(1)新商品開発モデルの紹介
(2)「お得意先」最大化のための広告・販促モデルの紹介

6.まとめ

【受講対象者】
・商品企画・開発担当のビジネスパーソン
・広告宣伝・販売促進・広報担当のビジネスパーソン
・事業計画や集客を検討中の小規模事業者、個人事業主

【受講後の効果】
・思考の主役を「自社・商品」から「顧客・価値」に昇華できます。
・シンプルなテンプレートを提供するので、すぐに活用できます。

--------------------------------------
【申込終了と表示される場合】
申込期限が終了しているか、満席かのいずれかとなります。
本サイトからのお申込みは原則、開催日前日の23時59分までとなります。
空席がある場合は当日受付可能ですので、下記にお電話にてお問合せ下さい。
※満席の場合もキャンセル待ちを申し受けられます。お気軽にお電話ください。
問い合わせ:06-6360-9555

RECOMMENDOBPアカデミアを120%活用しよう!