【現地&オンライン開催】一般市民が救命現場に出くわしてしまったら? “バイスタンダー”に学ぶ事前知識と具体的なハウツー講座kouryu

【現地&オンライン開催】一般市民が救命現場に出くわしてしまったら? “バイスタンダー”に学ぶ事前知識と具体的なハウツー講座
交流会

救急の日に送る倒れた人に偶然居合わせること10回以上の激レアさんが、その経験を前向きに捉え仕事に生かすまでのお話と応急手当のレクチャーをいたします!

一般市民が救命現場に出くわしてしまったら? “バイスタンダー”に学ぶ事前知識と具体的なハウツー講座

救急の日に聞きたい!一般市民が倒れている人を応急手当した“バイスタンダー”によるリアル体験談。命を救うのは医師だけではない。心臓マッサージができないあなたにもできる救命現場での手当てとは?

【講師】
すがわらえみ
2020年9月9日(水)
19:00~21:00
18名
2,500円
※この講座はリアル開催(OBPアカデミア)です。
状況によってはオンライン開催となる可能性がございます。



◇一般市民を取り巻く日本の救急の現状
現在、救命現場に遭遇して手当した一般市民(バイスタンダー)のフォロー体制は必要不可欠とされながらも、実際にバイスタンダーに届くようなフォローが少ないのが現状です。

(渡すタイミングがあれば)救急隊からのサンキューカード、バイスタンダー保障への加入(市町村ごとに異なる)などがありますが、行き届いているとは言い難い状況です。

多くのバイスタンダーが、個人情報という理由で、手当てした人のその後を知ることなく「精神的なストレスを感じたら消防に連絡、または各自で心療内科へ」という流れの中で「愛と正義」で倒れた人に勇気をもって手当てした人が、人知れず孤独やストレスを感じて日々を過ごしています。

手当てにより一命を取り留めることができたら警察などから「感謝状」を送られることもあります。
しかし、懸命に手当しても助からないことも、また多くあるのです。そうした場合に「手当て、お疲れさん!」と誰からも言ってもらうタイミングがないという現実が、今の日本には、まだまだあるのです。

だからといって、目の前で人が倒れていても何もしないのか?
というとそれは違うと思います。

きっと皆さん、何か行動を起こすと思います。
そんなときに役立つ様々な知識を、この講座ではお伝えいたします!

◇講座で何を学べるのか?
・もし、倒れた人に遭遇したら?その心構え
・手当てしても、もし失敗したり、ケガさせたりしたら訴えられるの?本当のところ
・心臓マッサージや人工呼吸だけじゃない?街の救命現場であなたにもできることとは?

【内容】
◇あなたもなるかもれない?!“バイスタンダー”って何?
〜日本におけるバイスタンダーサポートの現状〜
◇JR天王寺駅で18歳の私はバイスタンダーになった
◇10回以上のバイスタンダー経験は全て黒歴史…なぜ?
◇応急手当の理想とリアル!すべて見せます(応急手当デモ)
◇あなたの支えになるかもしれない“バイスタンダーbot”とは?
◇心臓マッサージや人工呼吸ができないあなたにもできる救命現場の動き方とは?

【受講対象者】
・いのちについての話を聞きたい方
・倒れた人に偶然居合わせたことがある方
・自分以外に守りたい大切な命がある方

【受講後の効果】
・いのちの重みを感じ、今日、生きていることに感謝できる
・大切な人のいざ!というときのための心構えができる
・もし倒れてる人を見つけたとき、どうしたらよいのか?不安が解消する
・倒れている人に偶然居合わせた際の自分の選択肢が増やせる

持ち物:筆記用具、女性は胸元が見えづらい服装(応急手当体験して頂くなら)

--------------
■新型コロナウイルス禍での講座運営に関して|OBPアカデミア

OBPアカデミアでは、新型コロナウイルスの感染拡大対策として、政府が発表した見解をもとに講座を開催しております。

常に空気の循環とアルコール消毒を行い、なるべく密を避けた運営を心掛けておりますが、講座によってワークショップや飲食が伴うものもございます。
そのため内容や定員数にしっかりと目を通していただき、環境がご心配な方、また申し込んだが体調が優れない、咳が止まらないなど不安な症状がある方はご参加をご遠慮頂きますようお願いいたします。
※参加を見合わせる場合、すでにご入金いただいている方は、ご返金対応を致します。開催の【前日】までに事務局までご連絡をお願い致します。

TEL:06-6360-9555
Mail : info@manarevo.com

RECOMMENDOBPアカデミアを120%活用しよう!