【リアル&Zoom同時開催】全人類が活躍できる“ユニバーサル社会”を考える! 本質探究ワークショップSocial Work

【リアル&Zoom同時開催】全人類が活躍できる“ユニバーサル社会”を考える! 本質探究ワークショップ
くらし ハイブリッド型講座

この講座では、WHOが提唱するICF(国際生活機能分類)モデル実践者の取り組み事例や現状から、本質的な“超適応”未来社会と「人生プラン」を探究して行きます。

全人類が活躍できる“ユニバーサル社会”を考える! 本質探究ワークショップ

WHOが提唱するICF(国際生活機能分類)とは、誰もが活躍できるユニバーサル社会を目指すためのモデルとなる考え方です。実践者の話を聞きながらぜひ自分事で考え、みなさんの本質的な「人生プラン」を探究しましょう!

【講師】
諌山 憲司/土原 翔吾
2020年12月4日(金)
19:00~21:00
18名+Zoom10名
2,500円
※本講座は、リアルとオンライン(Zoom)のハイブリッド開催となります。
ご希望の方法で、お申し込みくださいませ。

【内容】
2001年にWHO(世界保健機関)の総会で採択されたICF(国際生活機能分類)は、障がいの有無にかかわらず、すべての人を対象とした「健康」に関する分類です。

ICFでは“生活機能”という考え方を提言しており、それは「人が生きること」全体を指し、健康とは「生活機能」全体が高い水準にあること示しています
(下図:引用元 https://h-navi.jp/column/article/35026130)。


このようにICFは、人が生きていく上での障壁を「個人に存在する障害」としてのみとらえるのではなく、「その人に存在する個性」「周りの環境の関わり」とを考えた上で、よりよいサポートを可能にしていく考え方です。

日本では近年「年齢、性別、障害、文化などの違いに関わりなく、誰もが地域社会の一員として支え合うなかで安心して暮らし、一人ひとりが持てる力を発揮して元気に活動できる社会」である“ユニバーサル社会”を目指すとして「バリアフリー法」などが制定されました。

徐々にではありますが、ユニバーサルな社会になりつつあります。
また、2018年4月以降に出来た障害者雇用促進法では、障害者の雇用目標割合を「法定雇用率」として定め、率に達しなければ罰則も設けています。

しかし、法律や罰則で「本当のユニバーサル社会」を目指せるのでしょうか?
日本は、これから急激な人口減少と超少子化を迎えます。
定年や障害も関係なく、みんなが活躍できる社会にならなければ、日本は生き残れないのではないでしょうか?

さらには、コロナ禍で時代が急激に変化する今だからこそ「真のユニバーサル社会」を目指す必要があるのではないでしょうか?

本講座では、研究者・実践者の立場からICFとユニバーサル社会の現状と課題をお伝えし、皆さんと一緒により良き未来社会、あるいは「人生プラン」を考えていきます。

ぜひ一緒に、全人類総活躍社会を作っていきましょう!

【本講座の趣旨】
・ICFを知る
・ユニバーサル社会の現状と課題を学ぶ
・未来社会について、想像力を高める
・自らの“超適応”を考える
・須磨UBP(ユニバーサルビーチプロジェクト)の取り組み紹介
・自分事として「人生プラン」を深掘る

【全体の流れ】
〇本講座全体についての説明
・講座全体の趣旨や進め方、基本的な考え方を説明

〇自己紹介(1分/人)
・講師、参加者の自己紹介

〇前半 ICFとユニバーサル社会の現状と課題(諌山)

〇後半 須磨UBPの取り組み(土原)
・参加者ワークショップ(諌山・土原)

〇質疑応答 まとめ

---------------------------------------
●須磨UBP(ユニバーサルビーチプロジェクト)とは?
<みんなの『できない』を『できた!』に変える>
障がい者やお年寄りなど、みんながアウトドア系アクティビティを楽しんでもらえるUD(ユニバーサルデザイン)の場や機会にしようというプロジェクトです。

日本のアウトドアシーンではUDの視点が入っていないことが多々あり、障がい者は自然を楽しむ選択肢が与えられずに諦めてしまうことが多くあります。
この現状を変えるために、須磨UBPでは、海や山などの自然の中を障がい者も健常者も、みんなで一緒に楽しめるような挑戦をしています。





<心のUD化と障がい者の社会進出>
健常者・障がい者の区別を感じず、そこで出会った人のチャレンジを一緒に楽しみ、諦めていたことが『できた!』ときの達成感と感動を共に味わう、そんな場と機会の創出をしています。
成功体験がポジティブな活動を産み、障がい者がチャレンジャーや戦力として社会に進出していく、障害が個性と認められるUD社会に繋がってきています。
ものごとを正しく捉え、ポジティブに平等な面と差異を把握し、差異のギャップを埋める挑戦をし続けていくことで、現実の課題は理想の社会に“超適応”していきます。
“超適応”とは、脳内身体表現と実身体の不一致が存在し、失われた身体機能を補うことで、機能再編が誘発される現象のことです。

--------------------------------------
【受講対象者】
・福祉について興味のある方
・ICFやユニバーサル社会がよくわからない方
・人生100年時代を自ら考える方
・障碍者雇用促進法と企業戦略に興味のある方
・明るく、自分らしい「人生プラン」を創出したい方
・現行の未整備なユニバーサル社会に不満を抱いている方

【受講後の効果】
・ユニバーサル社会について話がしやすくなります。
・明るく未来社会と「人生プラン」が創出できます。
・福祉、障害、社会、人生の本質について考えるきっかけとなります。

----------------------------------------------------------------
※こちらのイベントは、Zoom(オンライン)でも開催を実施いたします。
~「Zoom」とは、アカウント作成不要、で簡単に参加できるオンライン会議ツールのことで、全国どこからでもお申し込みいただく事が可能です。

●ZOOM参加用のIDは、お申込者限定で【開催日の当日午後】にメールにてお送りします。
その際、簡単なZoomの使い方についても共有いたします。

※ZOOM版に参加希望の方は当日12:00にお申込みを締め切らせていただきます。

※リアル参加の締め切りは前日の23時59分までです。

初めての方もお気軽にご参加くださいませ!

※Zoom使用に関する共有事項※
・お申し込みいただいた方にしかパスワードは共有致しません。
・現在最新バージョンのZoomを使用しています。
・「待機室」を用意し、第3者の入室を防ぎます。
セキュリティ面でも出来る限りの対策をとっております。ご周知のほど、よろしくお願いします。

※Zoomで参加される場合、パソコンかスマートフォン・タブレットなどWifi環境を必ずご用意くださいませ。。

----------------------------------------------------------------
■新型コロナウイルス禍での講座運営に関して

OBPアカデミアでは、新型コロナウイルスの感染拡大対策として、政府が発表した見解をもとに講座を開催しております。

常に空気の循環とアルコール消毒を行い、なるべく密を避けた運営を心掛けておりますが、講座によってワークショップや飲食が伴うものもございます。
そのため内容や定員数にしっかりと目を通していただき、環境がご心配な方、また申し込んだが体調が優れない、咳が止まらないなど不安な症状がある方はご参加をご遠慮頂きますようお願いいたします。
※参加を見合わせる場合、すでにご入金いただいている方は、ご返金対応を致します。開催の【前日】までに事務局までご連絡をお願い致します。

TEL:06-6360-9555
Mail : info@manarevo.com
名称 【リアル&Zoom同時開催】全人類が活躍できる“ユニバーサル社会”を考える! 本質探究ワークショップ この講座では、WHOが提唱するICF(国際生活機能分類)モデル実践者の取り組み事例や現状から、本質的な“超適応”未来社会と「人生プラン」を探究して行きます。
講師 諌山 憲司/土原 翔吾 (イサヤマ ケンジ/ツチハラ ショウゴ)

諌山 憲司(イサヤマ ケンジ)

京都府出身、消防官として勤務、大小様々な緊急・災害現場の最前線で約20年間実務。
大学教員を経て、現在は医療機関で勤務、大学の客員准教授として、学術的活動も継続しています。
社会福祉士、救急救命士、お坊さん、福祉ボランティアと、パラレルキャリアを積みつつ、ICFの概念を踏まえた持続的かつ災害レジリエントなコミュニティづくりにも取り組んでいます。

令和2年度 産業標準化推進事業委託費 
戦略的国際標準化加速事業:産業基盤分野に係る国際標準開発活動
「車椅子牽引用レバーに関するJIS開発」委員会の委員として、ICFの概念を踏まえ、車椅子の日常活用と災害時における緊急避難活用について、真のユニバーサル社会を目指し、助言しています。

立命館大学大学院 修了, 修士(国際関係学)
関西医科大学大学院 救急医学科 修了, 博士(医学)
京都大学大学院 地球環境学堂 国際環境防災マネジメント論分野 研究生

【関係資格】社会福祉士
【専門分野】災害医療、コミュニティ防災、社会福祉学、密教
【最近の主な研究】
人生の最終段階における救急搬送の現状と課題
コミュニティ防災における救急救命士(病院救命士)の活用検討~コミュニティパラメディシン, コミュニティナース, 地域防災組織を参考に~
生態系を活用した災害レジリエントなコミュニティづくり

【最近の研究業績】
離島(大崎上島町)における救急医療情報キット「命の宝箱」の活用検討.(2019)
持続的かつレジリエントな社会へ向けてわが国の災害医療対策-キューバの自然伝統医学と災害対策の調査研究からの教訓-.(2016)

【参考】
https://peraichi.com/landing_pages/view/2ew74


●土原 翔吾(ツチハラ ショウゴ)
NPO法人須磨ユニバーサルビーチプロジェクト事務局長
一般社団法人ローカルイノベンチャーズ副理事
個人事業主マーケティングプロデューサー
未来を創る100人会議コアメンバー

【自己紹介】
1991年 大阪府泉南郡で育つ
2015年 神戸大学大学院人間発達環境学研究科卒業
2015年 学校教師理科物理担当
2017年 NPO法人須磨ユニバーサルビーチプロジェクトの立ち上げに関わる。現在事務局長。
2018年 教師を辞める
2019年 SDGs×地方創生プロジェクト「Local innoventures-ローカルイノベンチャーズ-」立ち上げから関わる。現在副理事
2019年 大阪JC(青年会議所)主催SDGs甲子園最優秀賞受賞
2019年 IAUD(国際ユニバーサル協議会)国際デザイン賞金賞受賞
2020年 テレビ・新聞・ラジオ8社に取材をうける

〇魅力的な車イスの方に出会ったこと、不登校生徒を担任したことをきっかけに、今までの考え方がガラッと変わる。
誰もが誰かと遠慮なく楽しめる空間と挑戦できる社会をつくるべく、想いが学校という枠組みからあふれ出た、あふれ出た教育者として活動中

【参考】
https://peraichi.com/landing_pages/view/privateteacher
開催日 2020年12月4日(金)
開催時刻 19:00~21:00
定員 18名+Zoom10名
受講料
一般価格:2500円(税込)
アカデミア・ライブラリー・ナイトプラン:1750円(税込)
アカデミアサロン価格:1,250円(税込)※2020年11月1日開始プラン

※他の講座にも興味がある方におすすめ!
→2020年11月スタート「アカデミアサロン」
詳細はこちら

-------------------------------------
※2020年11月1日より、規約改定に伴いキャンセルポリシーの変更があります。
(10月31日までにお申込の方:8日前から契約成立直後のキャンセルについては受講料の10%をキャンセル料として頂戴いたします。)
11月1日以降は以下の通りです。
【キャンセルポリシー】
講座、セミナー等の受講料の場合、開催当日から開催 3 日前の期間のキャンセルについては受講料の 100%をキャンセル料として頂戴いたします。
開催日より 4 日前から 7 日前の期間のキャンセルについては受講料 80%をキャンセル料として頂戴いたします。
開催日より 8 日前から契約成立直後のキャンセルについては受講料の 50%をキャンセル料として頂戴いたします。
なお、開催 3 日前とは、開催日前日を 1 日前と数えての 3 日前という意味であり、その他の日数もこの規則によって数えます。
キャンセル時の返金は原則として OBPアカデミア事務局窓口で現金でのお支払いとなります。
場所
備考
【初めてお申込みの方へ】
セミナーの受講には無料の会員登録が必要となります。
(※登録完了後にセミナーにお申込みいただけます。)
会員登録:https://obp-ac.osaka/member/regist/index

①お客様情報を入力
「OBPアカデミア 利用規約確認と同意のお願い」をご確認の上、
「同意して手続きを確認する」をチェックし登録情報をご入力してください。
(メールアドレスは今後のログインIDとして必要になります。)

②登録完了
ご登録されたメールアドレス宛にメールが届きますので、記載されたURLに24時間以内にアクセスしてください。

③お支払い
アクセス完了後にご希望のセミナーのページよりお申込みにお進みください。
お支払いはカードか、コンビニ支払いを選択頂けます。いずれかの方法で事前入金をお願いします。
※コンビニ支払いは、開催一週間前までのみ選択可能です。

システムから入金ができない場合は、事務局までお問合せ下さい。
問い合わせ:06-6360-9555

RECOMMENDOBPアカデミアを120%活用しよう!