【第五回】日本を救うひめのチカラ!言霊と神話から読み解く日本女性の潜在能力~プロジェクトにっぽん丸~日本の素晴らしさを知るセミナーtraditional

【第五回】日本を救うひめのチカラ!言霊と神話から読み解く日本女性の潜在能力~プロジェクトにっぽん丸~日本の素晴らしさを知るセミナー
日本の伝統文化

東京オリンピックを四年後に控え、グローバル化が益々加速するであろう今後の日本社会。あなたは、「にっぽん」のことを堂々と語れますか?

【プロジェクトにっぽん丸】は、日本の良さを知り、その素晴らしさを堂々と伝えられる「にっぽんカタリスト(かたりべ)」を100万人育てたい!と願うプロジェクトです。

現代は女性の時代と言われています。

【講師】
山下弘司
2016年10月15日(土)
10:00~12:00
先着30名様
3,241円
日本神話を調べてみると神話の時代も女性の時代でした。

女性の時代とは男性を押しのけて バリバリと活動する時代のことでしょうか?

男性に任せておけない 女性ががんばらないと社会は良くならない そういう時代でしょうか?

本来の女性の時代とは そのような時代ではないようです。

それが女性を「ひめ」と呼んだ 日本語の中に隠されています。

女神のアマテラスが一番偉い神さまの日本の国 女神が最上位の神さまであっても不思議でない国。

キリスト教はイスラム教ではありえない女神の国。 それが日本です。

そんな日本女性の持つすばらしさを伝えているのが 「日本語」と「日本神話」なのです。

そのキーワードは「ひめのチカラ」。

日本語は女性のことを「ひめ」と呼んでいます。 なぜ女性を「ひめ」と呼んだのか? そこを掘り下げることで日本人が女性をどのようにて 感じてきたかがわかります。

女性が自らの中にある「ひめのチカラ」に気づくことができれば 男性もしっかりとその役割を果たし、互いの力が発揮されます。

イザナギ・イザナミの国生み、アマテラスの物語を 心理学な目線で紐解き、 あなたの中にある「ひめのチカラ」を知ってもらいたいと 思います。その「ひめのチカラ」が日本を救うと いっても過言ではありません。 すべての女性、そして男性に「ひめのチカラ」を 知ってほしいと思っています。

幸せのヒントは普通に話している日本語の中にあることに 気づくひとときの時間になれば幸いです。

RECOMMENDOBPアカデミアを120%活用しよう!