魔法の戦略的外食術business×culture

本郷義浩

本郷義浩

2016.03.28掲載
MBSの人気番組『水野真紀の魔法のレストラン』を企画立案し番組を牽引してきた敏腕プロデューサー。音舞台のプロデューサーでもある。2冊目となる著書「自分をバージョンアップする外食の教科書」の出版を機に講演活動中。
京都府出身。早稲田大学第一文学部卒業後、1988年に毎日放送入社。 入社以来、テレビ制作局に所属。料理情報番組、音楽番組、歴史紀行番組、ドラマ、ドキュメンタリー、アート系の番組など数々のテレビ番組を担当している。 中でも料理情報番組は、ゴールデンタイムの番組を800本以上制作。

過去に「あまから手帖」でテレビ番組制作関連のエッセイ「Pの細道」を連載。 毎年、5月に写真展を大阪市内のカフェで開催しており、世界の都市の「シルエット写真」がテーマ。

麻婆豆腐研究家、都市写真家、伊藤若冲研究家、右脳左脳ノート研究家を名乗る。 facebookページでは、「油断大敵教会」「麻婆十字団」 「ビビビのB級グルメ道」「ふふふのA級グルメ」「シルエット写真が好き」「本Pドーパミン日記」などを主宰。

<出典>ウィキペディア

RECOMMENDOBPアカデミアを120%活用しよう!