8週間実践マインドフルネスself management

【受講者からのご質問】脳の周波数はどこを目指していますか?

【受講者からのご質問】脳の周波数はどこを目指していますか?

2016.12.14掲載
7.8Hz
OBPアカデミアスタッフの鍋島です。

12月12日のマインドフルネス入門の受講者の方から以下のようなご質問をいただきました。
今日はこれをとりあげてみたいと思います。

質問:脳の周波数はどこを目指していますか?

この質問は専門的で素人にはわかりにくいですね。
マインドフルネス瞑想では脳の機能が活性化したり沈静化するときに特定の周波数の脳波が観測されるそうです。
そうしたことを踏まえてマインドフルネスがめざす周波数はというご質問かと思います。

喜田先生のご回答はずばり「7.8Hz」です。
その根拠は二つです。

・思考などを手放した状態であり、「ひらめき」を得やすい状態

 7.8Hzに関しては様々な現象が報告されています。しばしばひらめき体験や神の声が聞こえるといった体験をする人にその状況を再現してもらって脳波をはかると、7.8hzという測定結果が得られるそうです。脳波がこの周波数まで落ちてくると意識が薄れるのですが、眠ってはいません。そういう状態を瞑想によって作り出すことがマインドフルネスのトレーニングの一つのポイントです。あなたも7.8Hz でひらめいてみませんか?

・松下幸之助も瞑想を取り入れており、工学博士の志賀一雅先生が脳波を測定したところ、7.8Hzがみられた。

 幸之助がなんぼのもんや~、というつっこみが聞こえてきそうですが、喜田先生のこの答えのウエイトはそっちではなくて、志賀一雅博士のほうにあります。志賀博士は脳波研究の第1人者で、よくスポーツ科学や睡眠研究で取り上げられる「アルファ波」の効用を発見したひとです。志賀博士のおかげで緊張、集中、弛緩、睡眠の状態をうまくコントロールする道がひらけてきたわけですね。そんなすごい博士が、「幸之助は7.8Hz」と言ったわけですから、そこには志賀博士がふむふむと思った何かがあるはずなのですね。そこのところのさらなる解説は喜田先生にまたお願いいたしましょう。

 ちなみにこの7.8Hz にはもっとすごい諸説があって、例えば大宇宙と一体化するときに周波数だとも言われています。そんなことは確かめようもないのですが、成層圏の電離層が宇宙からの電磁波の影響を受けて揺らいでいるのですが、この振動が7.8Hz だというのはどうやらほんとうらしく、脳波が7.8Hzで神の声が聞こえるといった報告が相次ぐのは、電離層の周波数とシンクロして宇宙からのメッセージを受け取っているのではという解釈もあります。

 OBPアカデミアのマインドフル事業はそんな大それたことはめざしてはおりませんが、7.8Hz の様々な効能をみなさんに体感してもらうべく頑張ってまいります。
 みなさまのお越しをお待ちしております。

RECOMMENDOBPアカデミアを120%活用しよう!