もやもやスッキリ! 問題解決ファシリテーションカフェCommunication

もやもやスッキリ! 問題解決ファシリテーションカフェ
コミュニケーション

気楽だけど真面目な「対話の場」で、「問題解決フレームワーク」をギュッと駆使 して、ちゃんと問題解決への道筋を!今回は【対立解消の巻】

もやもやスッキリ! 問題解決ファシリテーションカフェ

組織の問題、人間関係の悩みなど、アタマの中がグルグルしたり、行ったり来 たりして、どうしたらよいか困ってしまう時ってありますよね。

【講師】
えぐち まさよし
①2017年1月14日(土) ②2017年1月23日(月)
①10:00~12:00 ②19:00~21:00
各4名まで
3,000円
問題解決ファシリテーションカフェは、あなたの抱える「問題」の「解決」をあなた自身ができるように、講師の「ファシリテーション」(質問や対話によりあなたアタマの中にあることを引き出して整理)により、楽しく問題解決手法を学ぶワークショップです。

アタマの中の“もやもや”を、カフェのような雰囲気の中で、一緒に、図解・見える化し、“スッキリ”! 問題解決への道筋を明らかにします。既に感じている答えが論理的に再発見できたり、自信がついたりするかもしれません。

今回のテーマは、「ジレンマ」(あっちを立てれば、こっちが立たずの対立状況)を解消してWIN-WINの解決策を導こう、です。

本講座への参加にあたっては、あなた自身の問題(以下のようなジレンマ状況)を
1つ、ひとにも口頭で説明できる程度に心構えして参加してください。

【例示】今回のテーマの問題状況(あれか、これかのジレンマ状況)のイメージ
・例1 冬の休日の朝、「すぐ起きる」か、それとも「もう少し布団にいる」か悩む。
・例2 子どもにゲーム機を「買い与える」か、それとも「買い与えない」か悩む。 
・例3 娘は「パーティで12時には帰る」、父は「門限10時には帰りなさい」で対立する。
(例1と例2は、自分自身のなかの内部対立。例3は、娘と父の外部対立。)

■ワークショップの流れ

参加者が持ってきた問題(ジレンマ状況)に対して、問題解決フレームワークの1つである対立解消図(TOC思考プロセスのクラウド)を用いて、問題の構造を見える化し、論理的に一緒に考えていきます。

(1)チェックイン (全員自己紹介・進め方について)
(2)対立解消図(クラウド)の解説
(3)各参加者が持ってきた問題を一緒に図解化して考える (1人20分づつ)
(4)まとめ (おさらい・さらに学ぶために)
(5)チェックアウト
※ライブセッションなので、当日の様子に合わせて進め方を変更する場合があります。

■こんな方にオススメ
・論理的にアタマが使えるように訓練したい!
・複数の選択肢の間でどうしたらよいか、論理的に行動を決めたい!
・譲歩や服従、妥協でなく、WIN-WINの解決策を導く論理的な方法を知りたい!

■受講後の効果
・アタマだけで考えるのでなく、紙に書いて論理的に考えるコツが身につく。
・自分で“ちゃんと”考えて、対立解消問題の解決に取り組めるようになる。
・困ったことがあっても、論理的にどう取り組んだらよいか余裕が持てる。
・ひとの悩みの相談にのる時に、冷静に一緒に考えられる。

※なお、本ワークショップでは、問題への解決策やアドバイス自体をファシリ
テーターが提供するものではありません。

■備考
受講にあたっての内容のご質問は、以下のメールアドレスで受け付けます。
public.business.international@gmail.com

RECOMMENDOBPアカデミアを120%活用しよう!